渋谷チャリティオフィス/河村謙信

古い会社の風潮に嫌気がさして

アプコグループジャパンに入社する前は水道会社で現場監督の仕事をしていました。
2ヶ月でやめてしまいましたが、足立区の現場に毎日足を運んでそこで仕事をしていました。
2ヶ月で退社してしまった理由は、職場の年功序列という古い風潮に嫌気がさして転職を考えたことがきっかけです。
ですので、転職先は年功序列という古い考え方の会社ではなく、自分の努力が成長や報酬に反映される会社がいいなと思っていました。
そんな中、たまたまご紹介していただいたのがアプコグループジャパンでした。

日々自分がバージョンアップできる環境

初めてアプコグループジャパンのオフィスを訪問した際、スタッフの方たちがとても明るい表情でイキイキと働いていることに驚きました。
今までいた会社ではそういった表情をしている社員は一人もいませんでしたので・・・。
実際に入社してみて、自分も毎日イキイキできています(笑)
退屈しない毎日で、日々自分がバージョンアップしているのを感じますね。
情報、表現、言葉などなど・・・。
ですので、休日でオフィスに行かない日は不安になってしまうくらいです(笑)
そんな環境だからこそ、スタッフ一人一人が自分の想いや目標を語り合える!
それぞれがお互いを認め合い否定的な雰囲気は一切ありません。
素晴らしい環境だと思います。

失敗を重ねてやっと成長できる

現在の主な業務はマーケティング、自分のセールスチームのマネージメント、リクルートなどを行っています。
わたしはまだ19歳なのですが、組織のマネージメントや人材育成に関わっています。年功序列に縛られた前社ではとても考えられない環境だと思います!
年齢に関係なく努力とその結果を評価されるのでとてもやりがいがありますし、もっとやってやろう!という野心も持てるので、こんな環境だったら成長速度すごいことになりますね(笑)
そんな環境だからこその悩みだとは思いますが・・・この仕事の難しさは、失敗に失敗を重ねてやっと成長できるというところでしょうか(笑)
仕事をするうえで辛いこともあります、苦しくて悲しくて悔しいことも数えきれないほど・・・
でもそれは自分自身が成長するために必要な過程なんだと思っています。
今では笑い話ですが、当時は辛かったエピソードがあります。
ある時、自分のコアメンバーにオフィス近くの中華料理店に呼び出されたことがありました。
私の言動、無責任さを指摘されかなりボコボコにされたんです。
本当に泣きたくなりましたが、最後に「謙信の為に言ったことなんだよ」とメンバーが行ってくれたことが何よりの救いでしたね・・・。
そんな経験があったからこそ、今でも頑張れているんです。
先ほど泣きそうになったといいましたが、実は途中で泣いてしまいまして・・・(笑)
おかげで泣き虫キャラが定着してしまっています(笑)

学ぶことを止めない
仕事をするうえで心がていることはたくさんありますが、いつも心に置いていることは「学ぶことを止めない」ということです。
以前、一段階、二段階と昇進した際、「自分は最強だ!!」と素敵な勘違いをしてしまい、そこで学ぶことを止めてしまったんです。
その途端、業績はがた落ちしましたね(苦笑)
何かで評価されること、何かを得意になるためには日々の学びが大切なんだと気づいた瞬間でした。ですので初心を忘れず学び続けたいと思います。
将来の夢は旅館オーナー

わたしの夢は42歳までに沖縄に旅館を建ててゆっくりと過ごすことです。
アプコグループジャパンで学んだことを活かし、関東や中部、地方の九州でビジネスを運営しながら、自分自身は旅館のオーナー。
自分の時間も無限!素敵じゃないですか??
あとはピラミッドを見てみたいですね(笑)

将来の仲間へのメッセージ

アプコグループジャパンを一言で表現すると・・・やりぬくが勝ち!

野心を持っている人、自己成長したい! 何かに挑戦したい! 負けたくない!これは私の性格なのですが、そういう人はアプコグループジャパンに向いていると思います。

リンク

採用エントリーフォームへ